This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

[あなたのハワイ進出の第一歩]ハワイと日本で、仕事も遊びも。

ハワイ進出 実現者の経験からのアドバイス

ハワイを拠点に世界へ日本の飲食の素晴らしさを発信していきたい。

  [ハワイ進出した実現者インタビュー]Shohichi Nakatani (中谷 翔一)Waena Pali, Inc CEO (和食レストラン「心玄 Shingen」) ハワイに25歳から移住し、飲食業を経営して10年目に突入したShohichiさん。 両親がハワイ大好きで、3歳のときにはすでにハワイに旅行で来ていた。 そんなShohichiさんがハワイに惹かれたのは必然だったのかもしれない。 そして、人生の転機は高校3年生の時に訪れた。「父が自身で経営する会社を売却し、プチリタイア生活に入ろうとしていました。 その時、父は念願だったハワイの別荘を購入したんです。 そして、せっかくハワイに家を買ったのであれば、何か事業もスタートしたいと考えました。 それが旅行でのハワイではなく、第2の故郷としてのハワイに変わった瞬間でした。」 ハワイとゴルフが大好きな両親のもとで育ったShohichiさんにとってハワイは特別な場所ではなく、当たり前の場所になっていったのだ。     「会社をたたむぐらいなら自分にハワイを任せてほしい!」と決意 「僕が大学を出て就職して2年目に、ハワイの店を任せていた人間が仕事を辞めるといい始めて、僕が後を引き継ぐか、会社をたたむかの2択を迫れたんですよね。」  高校生の時にハワイで父親がビジネスをスタートしたShohichiさんにとって、将来それを引き継ぐものと思っていた。 そのために早稲田大学で経営を勉強し、卒業後に飲食ビジネスのベンチャー企業で飲食店経営のノウハウを学んでいた矢先の出来事だった。 ハワイの事業が終わってしまうのは自分の人生計画から外れてしまうと思い、「会社をたたむぐらいなら自分にハワイの事業を任せてほしい!」と決意したという。   ハワイは日本と全く違う! 他国であることを実感させられ、苦労と苦悩の連続の日々 「父がビジネスをスタートし、初めてオープンしたのがアパレルショップでした。 その後がお弁当屋さん。...

Read more

英語を話せるようになり、ローカルコミュニティに入る。やりたいことはその先に実現できる。

[ハワイ進出した実現者インタビュー]Takaho Iwasaki (岩崎 貴帆)WAAP PARTNER 起業支援のプロ ハワイに住み、日本とハワイのスタートアップ企業をつなぐ仕事をしているTakahoさん。 九州 鹿児島生まれで、東京に出て大学を卒業後にO Lをしていたが、会社を辞めてMBAを取るためにハワイ大学に留学。 それがハワイと関わる新しい生き方の始まりとなった。   アメリカ人になりたかったんです・・・(笑) 「いつかアメリカに住みたい。ではなくて、アメリカ人としてアメリカに住みたい! そう思ってたんですよ」と笑顔で話すTakahoさんは、とても明るくチャーミングな女性。 「ろくに英語も話せない。アメリカの文化も知らない。アメリカに行って就職もできない。それなら、MBA取得を目指して勉強することが1番効率的だと思ったんです。 英語もビジネスも同時に習得できちゃうし、MBAを持っていたらアメリカでの就職にも有利だって聞いたし・・・これだ!って(笑)」MBAを取るために頑張っている人はたくさん知っているが、Takahoさんのように「アメリカ人になりたい」という理由でMBAを取得した人には初めて出会った。     言葉・文化・商習慣の違いは想像以上 MBA取得後に自然な流れでアメリカのスタートアップを起業するような人たちと友達になり、彼らの相談役になりながら、さまざまなサポートをしていた。 その時に、「ビジネスモデル以前に、やはり言葉や文化、商習慣の違いというものは想像以上に大きな弊害で、それは日本人もアメリカ人も同じだ。」と感じ、その橋渡し役になれたらという思いから、スタートアップの起業支援を始めたという。 その後、ハワイで出会ったローカルの旦那さまと結婚。 「気がついたらハワイに住んでいて、実は私はハワイに住みたいって思ったことは一度もなかったんですよね。」 とハワイ移住者としては珍しいケースかもしれない。そんなTakahoさんは、今ではハワイの州政府や銀行からの依頼で、さまざまなハワイ企業の日本進出のコンサルティングをしたり、またハワイの日本領事館からの依頼で、日本のスタートアップ企業をハワイに紹介する仕事などでも活躍している。     ハワイの自然は宝物、ローカルコミュニティとの繋がりも宝物  「ほぼ毎日、日本とのオンライン会議があり、どうしてもハワイの夕方から夜の時間に仕事をするので、朝は弱いんです。でも夕方に主人と近くの公園を散歩したり、走ってみたり。アラモアナビーチパークでのウォーキングはめちゃくちゃ気持ちいいんですよ。」 旦那さまとの共通の趣味はゲームとアニメで、夜型インドア派の二人。気がついたら外に出てウォーキングをしている自分達に驚いているという。これが本当のハワイの魅力なのかもしれない。「ハワイはアジア人に優しく治安も良い、綺麗で臭くないし、日本にも近いので時差のバランスも良い。そして、なんといってもハワイの空気や自然は宝物。...

Read more

住む土地に馴染み、その土地の人と仲良く、ハワイに感謝する気持ちが大事

[ハワイ進出した実現者インタビュー]Maya Kudo (工藤まや)WAAP TEAM ハワイのインフルエンサー ハワイ在住コーディネーター・インフルエンサーのMayaさん。 初ハワイは大学生の時に留学生の引率役でマウイ島に、そして、卒業旅行でオアフ島を訪れ、その時からハワイは憧れの場所になった。 その後、日本で知り合ったアメリカ人の旦那さまと結婚後、日本語と英語を使って仕事ができる場所としてハワイに移住。「はじめは日本人経営のコーディネーション会社に入り、アシスタントから仕事を学びました。その後、フリーになってからは、自分の好きなものを中心に手がけるようになり、執筆のお仕事もさせてもらっています。 取材先の方と信頼関係を築き、親しい間柄だからこそ引き出せるお話を交えて、私の目線で発信しています。」 移住当時はハワイに知り合いが一人もいなかったというMayaさんはコーディネーターの仕事をしながら、着実にローカルのネットワークを増やしていったという。 今では、日本の雑誌、TV、CMなどのメディアコーディネーターとして活躍し、ハワイのオシャレスポットや最旬スポットをセンスよく紹介するインスタグラムや書籍も人気のインフルエンサーだ。     海中世界の魅力の虜に 趣味は日の出前から出かけるフリーダイビング。 「コーディネーターのお仕事をさせてもらったことで、本当にハワイには詳しくなりました。 でも、陸のことは大体わかっても、海の中の世界は全く知らなかったことに気づいたんです。」 そんな時に友達に誘われて行った、シュノーケルと足ひれだけの素潜りで、すぐに海の中の世界の魅力の虜になったという。 「海の中の地形や生き物たちは、本当に綺麗! そして、海に潜っていると幸せを感じることができ、本当に気持ちが良いんですよ。」そして、海上がりのがっつりプレートランチが最高に美味しいというMayaさん。最近のオススメは、カリヒにあるシティ・スクエアというショッピングセンター内にある驚きの店名「SUGOI」のガーリックフライドチキンがお気に入り。 カラッと揚がっていて衣はサクサク、中はジューシーで、蓋が閉まらないほどの量に思わず「すごい!」と言ってしまいます(笑)     ニイハウ島に行ってみたい 仕事柄もあり、ハワイの島々には何度も足を運んできたが、まだニイハウ島には行けていないという。 「今、実現したいことは、ニイハウ島に行ってみたい! これまで何度かチャンスはあったんですが、まだニイハウ島だけ行けていないんですよ。」 ニイハウ島は、ハワイ諸島の主要8島の中で2番目に小さく、最西端にあり、カウアイ島と並んで最も古い島だ。ハワイ在住者の多くは、都市と自然のバランスが良いオアフ島に住み、バケーションでマウイ島やハワイ島へ大自然を満喫しに隣島に行くという人は多いが、ニイハウ島というのが、歴史や文化など古き良きハワイをベースに最新ハワイを発信するMayaさんらしいと感じた。    ...

Read more

友達とBBQをしながら、庭でゆっくりと一日を過ごす。 最高に贅沢なハワイライフ。

[ハワイ進出した実現者インタビュー]Patrick McCullough (パトリック マッカラ)WAAP TEAM コーディネーションのプロ ハワイ在住のコーディネーター、パットさん。 NY生まれで、青春時代はサンディエゴで過ごした。転機が訪れたのは25歳の時、「漠然と海外で仕事をしたいと思っていた時に、たまたま友人が日本で英語の先生をしていて、その友人から声がかかり、英語の先生として日本に行くことを決めたんだよ。」 日本での生活をしながら日本人の奥様と知り合い結婚。 その後、英語と日本語を使いアメリカで仕事をしたいと思うようになり、1999年に奥様と一緒にハワイに移住。 「当時は、ハワイに知り合いは一人もいなかったが、英語と日本語を使う仕事ならニューヨークやロサンゼルスより、やっぱりハワイが1番かなと決めたんだ。」     英語と日本語を使える仕事として選んだのは 「コーディネーター」 「ハワイで英語と日本語を使える仕事をしたかった」というパットさん。 始めた仕事は「日本人向けのコーディネーター」だった。今では、日本企業のハワイでの撮影やイベントなどのコーディネーターとして活躍している。クライアントとは日本語で話し、ハワイでの様々なコーディネートはローカルの人々と英語で話す。 単なる通訳ではない言葉の必要性にやりがいが感じられるという。「この仕事をしていてよかったことは、日本人との新たな知り合いが増えることもそうだけど、本当にハワイの様々な場所や人との接点を作れること。 そして、ハワイローカルのルール・規則・慣習・価値観などを身を持って知れること。 これは特にハワイを知らなかった僕には大きな財産だよ。」     休日は庭でBBQをしながら、友達とゆっくりと一日を過ごす 仕事がら平日休日の区別はなく、朝は毎日6時くらいに起き、犬を連れて散歩。 「家を建てたので、最近は少しずつ家の居心地をよくしたり、庭いじりばかりしてるかなぁ」と愛犬の散歩と庭いじりが日課というパットさん。仕事が休みの日は大好きなサーフィンに行ったり、友達をよんで庭にあるマンゴツリーの下でBBQをしながら、一日をゆっくりと過ごすというハワイらしいライフスタイル。 「今一番好きなものはラウラウ。奥さんが料理上手だから自分ではあんまり料理はしないんだけど、ラウラウは自分の好みで少しチリペッパーを振りかけて自分好みの味を作り、食べることにハマってる(笑) 最高に美味しいよ!」 ラウラウとは、​​肉や魚をタロイモの葉で包み、さらにティーの葉で包んでから蒸し焼きにする古くから伝わるハワイの伝統料理のひとつだ。    ...

Read more

WAAPって何?

WAAP ストーリー

WAAPでハワイ進出するメリット

WAAPが選ばれる理由

カート

これ以上購入できる製品はありません

あなたのカートは現在空です