This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

[あなたのハワイ進出の第一歩]ハワイと日本で、仕事も遊びも。

ハワイへビジネス進出するための情報

ハワイへのビジネス進出&移住を支援するWAAP 9つのメリット

「ハワイ進出の第一歩」をスローガンに、日本企業のハワイ進出を総合的に支援するWAAP。 ハワイへビジネス展開を始める企業、ハワイで新ビジネスを起業・会社設立する人、またハワイに住みたい、年に数回ハワイに来て日本とハワイのデュアルライフを実現させたい人、そんな人々にとって必要な様々な総合支援をしてくれるサービスです。 日系の旅行会社や不動産会社などが行なっている進出支援サービスは多く存在するが、ハワイローカルの会社で進出支援を「本業」として行うサービスはここしかないと言われている。 そんなWAAPを利用するメリットについて9つに分けて解説します。 これからハワイ進出を考えている方はぜひ参考にしてください。    Contents 1:WAAPの住所にて貴社の支店が設立でき簡単に拠点が作れる 2:WAAPスタッフが貴社の駐在員として活動してくれる 3:ハワイ進出の豊富な経験での生きた知識・ノウハウが受けられる 4:ハワイの様々な企業や人とのコネクションが作れる 5:コストを抑えて効率的なハワイ進出が行える 6:米国式ブランディング・マーケティングで事業ができる 7:ハワイ進出により事業の多角化ができる 8:日本の会社の価値やブランドイメージUPに繋がる 9:仕事だけでなく、家族・友人との時間や遊びも充実できる     見出し1 1: WAAPの住所にて貴社の支店が設立でき簡単に拠点が作れる あなたの会社のハワイ支店としてWAAPオフィスの住所を使用できます。 もちろん郵便物などの受け取りや日本への転送も可能です。 ハワイに来た時だけ使用するシェアオフィスとしても使えるので、ここがあなたのハワイオフィスです。 場所は、ワイキキから車で5分・徒歩15分のホノルル市カピオラニ通りに位置する好立地で、オフィスビル内の中庭・プール・バーベキューエリア・ゴルフ練習場・テニスコートなどの共有施設も利用できます。 そして、ハワイでのネットワークの紹介やハワイライフにおける様々なお困りごとも相談にのります。 つまり仕事についても、遊びについても、なんでも相談できるサービス付きのあなたのハワイ支店がすぐに持ててしまうのです。   見出し2 2:...

Read more

ハワイで他にはない!WAAPだからこそできる強みとは?

ハワイにビジネス進出・会社設立や移住を検討している人をサポートするハワイ進出支援サービスは、日本国内にある海外進出のコンサルティング会社や、ハワイ現地の旅行会社や不動産会社などが行なっているものはたくさんある。 その中でも異色の存在として2022年に立ち上がったのが、ハワイ現地に根ざしたローカルのブランディング・デザイン会社が運営するWAAPだ。 WAAPの運営会社は、これまで日本企業がハワイ進出する際に、ビジネスを構築していくためのブランディングやデザインを提供してきた。 その経験の中で、ビジネスを始める前段階でつまずき、ハワイ進出を諦めてしまうケースをたくさん見てきた。 こういうケースを少しでも減らすことを目的に「ハワイ進出の第一歩」という存在を目指している。 そんなWAAP だからこそできる独自の強みを4つに分けて解説します。 これからハワイ進出を考えている方はぜひ参考にしてください。    Contents 1: 「ハワイ進出の第一歩」 といえば WAAP 2: 「ハワイローカルの人脈作り」といえば WAAP 3: 「ハワイでの遊びも充実」といえば WAAP 4: 「ハワイ進出後を重要視」といえば WAAP 見出し1 1: 「ハワイ進出の第一歩」 といえば WAAP 「ハワイが大好きだが、事業進出や移住となると大変そう」 「ハワイで何かしたいが、自分に合ったハワイとの関わり方がわからない」...

Read more

なぜ、ハワイへのビジネス進出&移住に、WAAPが選ばれるのか? 6つの理由

アメリカ進出の第一歩としてハワイでのビジネス展開を始める企業、また、ハワイで新たなビジネスを起業する人や会社を設立する人にとって必要になるのが、ハワイ現地で進出支援をしてくれる協力会社やパートナー。 この協力会社やパートナーにより、ハワイ進出にかかる時間とコストに大きな差が生まれ、またハワイでのビジネスが成功するかしないかにも大きく関わる。 現地の進出支援サービスは慎重に選ぶことをおすすめします。 今回は、ハワイへのビジネス進出&移住にWAAP が選ばれる理由を6つに分けて解説します。 これらから、ハワイ進出成功のポイントを学びましょう。 これからハワイ進出を考えている方はぜひ参考にしてください。      Contents 1:ハワイと日本の商習慣を熟知したコンサルティング 2:ハワイのエキスパートチームのWAAPネットワーク 3:ハワイ進出支援の豊富な経験・生きた知識とノウハウ 4:ハワイでビジネスを成功へ導くブランディング 5:ハワイ進出に必要な要素をトータルサービス 6:自社で行うよりも経費削減のコストパフォーマンス 見出し1 1: ハワイと日本の両方の商習慣を熟知する日本人&米国人による戦略サポートやコンサルティングが受けられる[ハワイと日本の商習慣を熟知したコンサルティング] 外国でのビジネスを含めた生活全般においては、大きく3つの壁が存在します。 それは言葉・文化・習慣の3つ。 誰もが理解するこれらの要素は、実は想像以上に大きな違いや壁として存在します。 これらを克服するためには、やはり時間をかけて習得・理解・把握するしかありません。 しかし、これらの要素による失敗やつまずきは、できる限り回避できるに越したことはありません。 そのためには、ハワイで働き、生活する人とのつながりを大切にし、彼らから学びとることです。 市場・顧客・商習慣など自分自身が経験し、肌で感じ取ることは重要ですが、それ以前にそれらを知るローカル達の声に耳を傾けることが何よりも有益なものとなるはずです。WAAPは、日本での仕事の経験も持つハワイ在住日本人が中心で、ブランディング力とプロデュース力を併せ持つ総合コンサルティングファームです。 日本とハワイの文化・価値観・商習慣の違いを把握し、そして、両国のネットワークを保有する総合的なサポートは他に見つけることは難しいのではないかと思います。   見出し2 2:...

Read more

ハワイ ビジネスを成功させるための3ステップ

日本での事業のアメリカ進出の第一歩として、ハワイでのビジネス展開を始める企業、また、中小企業や個人企業のハワイ展開や、ハワイで新たなビジネスを起業したり会社設立する人も増えている。 しかし、ハワイに進出することが目的になってしまい、進出後のビジネスがうまくいかずに数年後に撤退というケースも多くある。今回は、ハワイ進出を成功させるための3ステップとして、準備段階のビジネスの土台づくりから、戦略・戦術を立てるビジネス構築、そして、ビジネス開始後の運営に分けて解説します。 これらから、ハワイ進出成功のポイントを学びましょう。 ハワイ進出を考えている方はぜひ参考にしてください。    Contents Step 1: ハワイ・ビジネスの土台づくり Step 2: ハワイ・ビジネスの戦略・構築 Step 3: ハワイ・ビジネスの開始・運営   見出し1 【 Step 1: ハワイ・ビジネスの土台づくり 】 1: ハワイの拠点を設ける ハワイに拠点を持つ方法は、「現地法人として会社を設立する」、「現地法人ではなく日本法人のハワイ支店を設ける」、「ハワイ企業を買収する」の大きく3つのケースが考えられる。 現地法人を設立するにしても、ハワイの現地法人を買収する場合でも事前の調査・準備は大切です。 また、現地法人を設立しなくても、日本法人の支店を設けることでハワイ企業との関係作りもでき、日本のビジネスへの有効性を作ることはできる。 つまり、現地法人の会社設立や事業買収のどちらの場合でも、まずは住所さえあれば簡単に作ることができる支店を設けて事業開始のための準備を進める。 準備期間は最低でも1年はかかりますので、ハワイの市場・顧客・企業と馴染んでいくステップをじっくりと踏むことが、結果的にコストと時間も短縮でき、有効有益なことになるのです。  ...

Read more

ハワイへのビジネス進出で、失敗・撤退しないための5つのポイント

コロナ禍で働き方、生き方が変わる中で、日本での事業を身近な海外であるハワイに拡げたい人、またグローバル化に伴い、新たな市場や販路の開拓のためアメリカ進出の第一歩としてハワイでのビジネス展開を始める企業が増えています。また近年、大企業だけでなく、中小企業や個人企業のハワイ進出や、ハワイで新たなビジネスを起業する人も増えてきています。それに伴い、進出準備の段階でうまくいかずに諦めてしまったり、何とか進出したものの数年で撤退してしまうという失敗ケースが多いのも事実です。今回は、ハワイ進出で失敗・撤退しないためのポイントを5つ解説します。これらから、ハワイ進出成功のポイントを学びましょう。これからハワイ進出を考えている方はぜひ参考にしてください。    Contents 1:「ハワイで経験値ある協力者」を選び、的確なアドバイスを受ける 2:「ハワイ進出の成功&失敗事例」を収集し、冷静に参考として受け止める 3:ハワイでは日本と比べ、「経費は2倍・時間は3倍」はかかるという意識を持つ 4:日本の商習慣の常識は「ハワイでは常識ではない」ことを受け入れる 5:市場調査・ブランド戦略・事業計画をしっかり固め、「準備期間を充分にとる」 見出し1 1:「ハワイで経験値ある協力者」を選び、的確なアドバイスを受ける 国や地域が異なれば、文化や常識も大きく異なります。見識を持ち信頼できるパートナー選びができないことによって、トラブルが増えてしまうことや、パートナー企業と自社が考える市場やターゲット層の認識の違いなどから売上や利益が伸び悩んでしまうことがあります。海外進出において現地の協力者やパートナー企業なしで、自社のみで展開していくケースは非常に稀なことです。そのため現地の商習慣を知り尽くした調査会社、取引会社、法律・会計事務所など、現地のパートナー選びは必要不可欠と言えるのです。そして市場や競合の把握、自社が狙うターゲット層や事業の目的などを、しっかりパートナーと互いに理解しあい、スキルやノウハウを広げていくことが重要です。 見出し2 2:「ハワイ進出の成功&失敗事例」を収集し、冷静に参考として受け止める 日本での成功はハワイでの成功を保証するものではありません。ハワイ進出の初めの1歩として必ずオススメしていることは、ハワイでのビジネスの成功事例と失敗事例をできるだけたくさん現地の人からヒアリングすることです。そして、その情報の中からその事実を参考情報として受け止め、「自分なら大丈夫」と思う前に冷静かつ真摯にその実例を受け止めて失敗要因をできるだけ回避することが重要です。きっとあなたの想定外の実例をたくさん聞くことができ、ハワイ進出をうまく進めるために必要なことも見えてくるはずです。とにかく、たくさんヒアリングをし、それらを事実として冷静に受け止めることがポイントです。 見出し3 3:ハワイでは日本と比べ、「経費は2倍・時間は3倍」はかかるという意識を持つ ハワイは太平洋に浮かぶ離れ小島です。島内での各種生産能力には限りがあるので、ハワイの特性上、物資の調達や人材確保には限界があります。例えば、新店舗オープンに向けた業務を例にしてみましょう。まず内装工事にはハワイ州の許可が必要で、ハワイ州の担当者のデスクには申請書類が山積みです。申請から許可が降りるまで3ヶ月かかることは珍しくありません。そして、工事業者は労働時間を厳守しますので残業はしませんし、基本的に会社はさせません。通常は午前8時から午後4時までです。(あらかじめ時間と割り増し料金を提示し承認した場合を除く) また、工事に必要な資材・部材は全て海を超えて運ばれきますので、アメリカ本土・中国・日本などから輸入します。一般的に空輸よりも費用の安い船便を使いますので時間もかかります。また税関を通過するための時間もかかります。これら店舗オープンの工事だけを例にあげても、時間や経費は日本と違うことが理解できると思います。他にも、家賃から設備維持費、人件費、保険なども含め、日本と比べて「経費は2倍・時間は3倍」というのは決して大げさではありません。重要なのは、そのくらいの許容幅を持って臨むこと。そういう意識を持って事業計画を進めることがポイントです。   見出し4 4:日本の商習慣の常識は「ハワイでは常識ではない」ことを受け入れる ハワイは日系アメリカ人も多く、とても日本人に優しい場所で外国感覚が薄い。しかし、ハワイはアメリカであり日本ではないのです。つまり日本人の感覚・価値観・商習慣とは明らかに違いがあります。そして、その“リズム”の違いに逆らうやり方をすると、あらゆる物事がうまく進まないのです。ハワイはアメリカで外国ですので、ある意味当然の事ですよね。でも頭では理解できていても、仕事を進める際に自分と違う価値観に直面すると、どうしても自分の感覚を優先したくなります。日本で養ってきたビジネスの常識は、ハワイでは通用しないものなのです。そのことを自分自身が認識し、その事実を受け入れることが本当に重要なのです。ハワイのリズムを認識し、まずは自分がそのリズムに併せながら自社ならではの知識・技術・ノウハウ・価値観をそのリズムに盛り込んでいくことが大切なことです。そのためにもまずはハワイの常識や商習慣を学び、受け入れることがポイントです。 見出し5 5:市場調査・ブランド戦略・事業計画をしっかり固め、「準備期間を充分にとる」 自社の製品・サービスがきちんとハワイの市場で受け入れられるかどうか、事前のリサーチは非常に重要です。ハワイ進出においては、「きっとニーズや売り先があるだろう」と曖昧な状態で考え、失敗するケースが最も多いです。自社を高く評価しすぎていることやローカライズしないことが多く、「日本で成功したから、海外でも通用する」といった成功体験や「日本製品は信頼があるから売れる」など、海外市場を軽視していることが多く、国が違えば消費者の趣味・嗜好・文化は大きく異なり、価格や品質などのニーズにも違いが出ます。企業名や日本製品というネームバリューだけでは勝負に勝つことは難しいため、現地市場で何が求められているかニーズをしっかり把握することが大切です。そして、「ハワイ市場にマッチした事業の強みは何か?」「ハワイのターゲットへの提供価値やニーズは何か?」「競合の強みや弱みは何か?」などを深堀し、ブランド戦略作りや事業計画の作成に時間をかけて、徹底的に作り込むことが重要なポイントです。     これまでハワイ進出に成功していく姿、撤退していく姿を多く見てきました。これら5つのポイントを理解し、ゆとりを持って進めることが成功への近道です。失敗・撤退する要因として「ハワイ市場に対する誤った認識」があります。成功する企業は、これら5つの逆の要素を持っています。ビジネスの土台を作り、ハワイ市場に合った戦略を実施すれば成功します。一歩一歩着実に前進していくイメージでちょうどよいのです。WAAPなら、これまでに数多くのハワイへのビジネス進出や移住の支援をしてきた経験値あるチームメンバーが揃っています。おそらく、あなたのハワイ進出に最適な協力者やパートナーが見つかることでしょう。ぜひWAAPにお気軽にご相談ください。詳しくは>ハワイ進出の第一歩 WAAP

Read more

ビジネスでハワイと関わる7つの方法 (前編・ビジネス)

コロナ禍で働き方、生き方が変わる中で、日本を飛び出しハワイ移住を考える人、日本での事業を身近な海外であるハワイに拡げたい人など、何らかハワイとの関わりを深めようと考える企業や人が増えている。 しかし、ハワイは大好きだが「自分に合ったハワイとの関わり方が何なのかわからない!?」という方も多いのではないでしょうか?そこで、様々なハワイとの関わり方について代表的な方法をいくつか例として、ビジネス(前編)とプライベート(後編)に分けてまとめた。今回はビジネスでのハワイの関わり方について紹介します。>前編:ビジネスでハワイと関わる7つの方法>後編:プライベートでハワイと関わる9つの方法    Contents 1:日本のビジネスをハワイで展開する 2:ハワイで新たなビジネスを始める 3:ハワイのビジネスを買収する 4:ハワイに拠点をもち、日本のビジネスに活かす 5:ハワイのブランド・商品を日本で展開する 6:会社のCSR活動としてハワイと関わる 7:社員の教育やベネフィットとしてハワイと関わる     見出し1 1:日本のビジネスをハワイで展開する こちらはイメージしやすいですよね。日本の事業の商品やサービスをハワイでも始めるということです。例えば、日本で展開しているヘアサロンをハワイでも展開するというケースなら、日本の店名ブランドでハワイ進出させハワイ店をオープンするというやり方です。日本のお客様がハワイ旅行に行った際に寄ってみたい。またはハワイ店舗のお客様が日本にきた際に日本の店舗に行ってみたい。既存のお客様に対してのブランドイメージへの効果も生まれます。また、日本で展開している飲食店のハワイ店をオープンし日本の味をハワイローカルに向けて展開していくといったケースもあります。他にも、店舗ではなくオフィスを構え日本クオリティのサービスをハワイで展開するなども考えられます。 見出し2 2:ハワイで新たなビジネスを始める 自社の経験や得意分野を活かして、日本でのビジネスではなく新たにハワイでやってみたいビジネスを立ち上げるケースです。例えば、ハワイで日本の駄菓子屋さんをやったらハワイローカルの人に喜ばれるかも...。ハワイに日本の陶芸技術を持ち込み陶芸教室をやったらハワイローカルやアメリカ人観光客にも興味を持ってもらえるんじゃないか... など。 日本人や日本文化に特別な思いがあるハワイだからこそ、日本人ならではのノウハウ・技術を生かしたビジネスを立ち上げるなど、ご自身のアイデアを挑戦するケースです。 見出し3 3:ハワイのビジネスを買収する 新たにハワイでビジネスを立ち上げるのではなく、既存のハワイビジネス・企業を買収し経営をするケースです。新規に法人設立しビジネスを立ち上げるよりも断然、時間もコストもセーブでき、かつビザの取得にも有効です。ハワイ企業のオーナーになり経営することで、家族のハワイ生活も実現でき、日本とハワイを行き来しながら、将来のハワイ移住を実現する近道にもなります。   見出し4 4:ハワイに拠点をもち、日本のビジネスに活かす 日本の会社のハワイ支社(現地法人)を作るよりも、ハワイブランチ(支店)を設けて、あくまで日本のビジネスへの好影響を創出するという考え方です。 現地法人を作ることで発生する税務申告や従業員雇用・保険などの労務を省くことができ、かつ日本の会社のハワイブランチがあることでローカルへの親近感や安心感を醸成することができます。 ハワイ支店を設けることで日本での仕事にどのような相乗効果を生み出せるかは業種により様々ですが、検討価値は十二分にあるのではないでしょうか。...

Read more

WAAPって何?

WAAP ストーリー

WAAPでハワイ進出するメリット

WAAPが選ばれる理由

カート

これ以上購入できる製品はありません

あなたのカートは現在空です