This site has limited support for your browser. We recommend switching to Edge, Chrome, Safari, or Firefox.

[あなたのハワイ進出の第一歩]ハワイと日本で、仕事も遊びも。

大人のサーファーを増やしたい! ハワイローカルに愛されるサーフショップを作った日本人

大人のサーファーを増やしたい! ハワイローカルに愛されるサーフショップに Surf Garage

[ハワイ進出した実現者インタビュー]
Toru Yamaguchi (山口とおる)
Surf Garage 代表

 

お祖父さんが進駐軍の通訳をしていたこともあり、幼い頃からアメリカを身近に感じ、ずっとアメリカは憧れだったというToruさん。 「子供のころに目にしたアメリカのTVドラマでは、外人さんたちは靴のまま部屋にいる。羽根の生えたでっかい車とか、なんだか全ての洋物がカッコよく見えましたね。 親戚が進駐軍の通訳の仕事をしていたこともあり、僕も将来はアメリカと関わる仕事に就きたいと漠然と思っていました。」

「父が大好きだったスキーを3歳の時に初めてやったんです。僕もすぐにスキーにハマったらしく、それからは競技スキーをやってきました。そんなこともあり海外への憧れもあったので商社に就職したんですが、なんか違うと感じてたんです。そんな気持ちに気がついたのか、ある日会社の先輩からマリンスポーツ関連の会社を紹介されて飛びつきました。」と彼が選んだ仕事は、マリンスポーツ関連の商社でした。

 

冬はスキーで、夏はサーフィンのスポーツマン

「初めてのサーフィンは高校1年生の春だったかな。12歳年上の叔父さんがサーフィンをしていて、乗ってる車はワーゲン ビートル。当時の僕にはキラキラのおじさんでした。そこから、夏はサーフィン、冬はスキーの生活に変化したんです。シーズンスポーツ系のチャラい若者に思うかもしれませんが真逆で、かなり硬派なスポーツマンだったんですよ。」

「だから商社の先輩からマリンスポーツ系の会社を紹介された時には即飛びつきました。今思えばあのタイミングが僕の人生を決めたんですかね。スキーではなくサーフィンに。日本ではなく、ハワイのマウイ島に勤務することに。」と、転職した会社がハワイ マウイ島に支社があり、彼はGMとしてマウイ支社勤務で ハワイに移住することになったのです。

 

冬はスキーで、夏はサーフィンのスポーツマン - Toru Yamaguchi Surf Garage 代表

 

夢のハワイライフのスタート、ところが現実は!?

「社長からマウイ支社に行ってくれ、と言われた時は正直嬉しくてワクワクでした。当時のマウイでの仕事は、ホテル、レストラン、アートギャラリーや不動産などを手がけていました。今考えればバブルの産物のような日本人経営の会社。ワクワクで移住し、やる気満々でしたが徐々に現実が明らかになってきたんですね。一言で言うとバブルのお金でマウイに飛び込んできた日本企業がローカルにあしらわれていた感じです。日々ありえない現実が露呈し、対処していく悪夢の日々でした。しかし、おかげでハワイでビジネスを立ち上げる時には十分すぎる経験をさせてもらったんですけどね。」

彼から聞いた話はここに書ききれないくらいの様々な出来事がありました。当時31歳で、さぞ驚きと不安、そしてまだ言葉も十分に使いこなせなかった彼には心細い時間だったであろうと想像できます。

 

起業時の想い通りに、ローカルに愛されるサーフショップに

マウイ島勤務の後、オアフ島支社を設立。しかしすでにグリーンカードを取得していたToruさんは退社し、2002年にSURF GARAGEを開業したのでした。

「自分でビジネスを始めようと考え、最初はハワイ雑貨を日本に輸出するようなこともやりました。日本がハワイブームで大忙しでしたが、そんな中でも、自分には何ができるのか?何をしたいのか?といつも考えていました。ある日、ワイキキにあるサーフショップの前を歩いていて、ふと思ったんです。 “大人向けのサーフショップを作ろう! 日本からハワイに来た人たちに安心してハワイでサーフィンできるような役割も果たしたい!” と思ったんです。だからお店の場所もワイキキじゃなく、モイリイリを選んだんです。」

2002年にオープンしたSURF GARAGEは20年以上の時間をかけてローカルにも愛され、ハワイサーフシーンからも一目置かれるサーフショップとしてその地位を確立している。そして、立ち上げ時の想い通りに大人に愛されるクラシックスタイルのブランドとして成功を納めたのです。

 

ハワイサーフシーンからも一目置かれるサーフショップ Surf Garage

 

毎朝のサーフィンで、その日のエネルギーを充電

「毎朝、起きたらコーヒーを入れて海に向かい、波があろうがなかろうがアラモアナのヨットハーバー沖のポイントに入ります。これが僕の一日のはじまり。そして、これは僕の仕事でもあります。毎朝同じ時間に同じところで同じ面子に顔を合わせて挨拶をする。そして自分をこの海に入れさせてもらえるように、謙虚にローカルの人々と接する。これをもう20年以上やってます。もちろん今でもそうですよ。そして、お店のオープン時間までに帰りお店を開ける。これが僕のハワイライフです。」と、日本やアメリカ本土への出張以外は、毎日海に入り、タウンサイドに波が無い冬場は暗いうちからノースショアに行くことも。ただ好きなだけでできることではないと著者は感じました。

「ハワイライフ充実のためには、やはり趣味を持って欲しいです。僕はサーフショップオーナーの顔がありますが、実は多趣味なんですよ。ハワイは自然を感じながら体を動かすことが一番の至福時間だと思います。みなさんもサーフィン、ゴルフ、ハイキング、テニス、サイクリング、スイムなど・・・。 なんでもいいからとにかくやってみて欲しいです。自然を感じ、友達もできるし、ハワイにも慣れる。とにかくハワイを楽しんで欲しいですね。」

 

 

ハワイで大人のサーファーを増やしたい Surf Garage

 

 

マナーとセンスある大人のサーファーを増やしたい!

「これまでもやってきたつもりですけど、良識・礼儀・マナーがあり、センスのある 大人のサーファーを増やしたい。これが僕の想いです。うちのお店でもこれまでたくさんのハワイのローカルサーファーの面倒を見て育ててきました。サーフィンが上手だけで礼儀もマナーも無い若者もたくさんいました。今では本当に礼儀正しいロングボードの世界チャンピオンにまで上り詰めた子もいます。年齢・性別・国籍、そんなことではなく素敵なサーファーだらけにしたい! これが僕の夢。だから、新しくスキルとセンスを身につけられるサーフレッスン・サービスを始める予定です。」

 

 

Surf Garage 代表 Toru Yamaguchi (山口とおる)のハワイライフ

 

[ハワイ進出した実現者からのアドバイス]

これからハワイライフを希望する人へのToruさんからのアドバイスは、「今まで生活していた日本とは違います。観光で見て感じた作られたモノとも違います。食わず嫌いはせずに、まずはトライしてください。悪いところは真似ずに、良いと感じたものだけを選んで吸収しましょう。」

著者は、彼からのアドバイスを聞いて、厳しい監督から指導を受けているような感覚を受けました。でもこういう監督が良い監督なんでしょうね。どこか重みがあり真剣味のある、すごく強い印象を感じました。




●あなたも自分らしい理想のハワイスタイルを実現しませんか? まずはお気軽にWAAPにご相談ください。
>ハワイ進出の第一歩 WAAP

●インスタグラムで、ハワイ移住やビジネス進出などの最新情報を配信中!こちらもぜひフォローください。
>Instagram @waaphawaii

カート

これ以上購入できる製品はありません

あなたのカートは現在空です